<< ホームへ戻る

 

【あ行】

アエラ: 朝日新聞社発行の週刊誌。2002年7月8日号の表紙をTLJが飾った。日本の雑誌の表紙に登場したのはこれが初めて

アカデミー賞: 1929年に創設された映画界最大のイベント。TLJは第66回(1993年)に「逃亡者」で最優秀助演男優賞受賞。第64回(1991年)には「JFK」で助演男優賞ノミネートを受けている

アメリカン・フットボール:攻撃側(オフェンス)と守備側(ディフェンス)にわかれボールを奪い合いながらゴールを狙い得点を稼ぐゲーム。各チーム11名。プレーヤーはヘルメットや肩当てなどの防具をつける。TLJが高校・大学時代に取り組んでいたスポーツ

あゆ: TLJお気に入りの日本食。相当気に入ったらしく、一緒に来日していたウィル・スミスにアユの食べ方から獲り方まで得意げに長々と説明していた

アル・ゴア(Albert Arnold Gore Jr.): クリントン政権時代の副大統領。ハーバード時代のTLJのルームメイト。「ある愛の詩」の主人公は、この2人をモデルにしたといわれている

インサイド・アクターズ・スタジオ(Inside the Actors Studio): アメリカのブラボー・ケーブル・ネットワークのインタビュー番組。アクターズスタジオの副学長ジェームズ・リプトンがホスト役となり、ゲストの映画監督や俳優から撮影の裏話などを聞き出す。TLJは1997年に出演

ウォーク・オブ・フェイム(Walk of Fame): LAのハリウッド・ブルヴァード一帯に埋め込まれた星型のプレート。映画・TV等で活躍した人の名前が刻まれている。TLJは1994年11月に仲間入り。場所は6925 Hollywood Blvd.

エミー賞: TV界のアカデミー賞とも呼ばれる。TLJは1983年「死刑執行人の歌」で主演男優賞受賞した

オースティン(Austin Leonard): TLJと2番目の妻キンバレラの長男。1983年生まれ。”Yuri Nosenco, KGB”にTLJの息子役で出演している

 

【か行】

カウボーイズ&インディアンズ(Cowboys & Indians): アメリカの月刊誌。誌名どおり西部関係の情報を掲載している。2000年9月号にTLJの特集記事が組まれた

京都: TLJが来日のたびに訪れるお気に入りの都市

キンバレラ(Kimberlea Gayle Cloughley): TLJの2番目の妻。結婚期間1981〜1996の15年間。TLJとの間には2人の子供(オースティンとビクトリア)がいる。離婚原因はTLJの暴力、浮気だといわれている

クライド(Clyde C. Jones): TLJの父。油田で働いていた。酒好きで、少年時代のTLJとはうまくいっていなかったらしい。ミドルネームのCは略ではなく、アルファベット一文字だけである。50代半ばで心臓発作で逝去

ケイト(Kate Lardner): TLJの最初の結婚相手。結婚期間は1971〜1978の7年間。前夫との間に2人の子供がいた。作家リング・ラードナーの孫である

ゴールデングローブ賞: 批評家によって選出される賞。アカデミー賞より早い時期に発表される。TLJは1993年「逃亡者」で最優秀助演男優賞受賞

 

【さ行】

ザ・タイ(The Tie): フットボールアイビーリーグ1968年11月23日にハーバードスタジアムで行われたイェール大対ハーバード大の試合の俗称。29対29というスコアの名試合だった。TLJもオフェンシブラインマンとして出場した

サンアントニオ・スパーズ(Sun Antonio Suprs): サンアントニオに拠点を置くNBAチーム。2003年には4年ぶり2度目のNBA制覇を果たした。地元民トミー様はこのチームの熱狂的ファンらしく、NBAファイナルや優勝パレードに顔をだしている。徳光さんみたい。

セント・マークス(St. Mark's School): テキサス州ダラスにある名門男子校。TLJは奨学生としてここで学んだ。通った理由は「名門だから」ではなく「ガールフレンドと離れたくなかったから」

 

【た行】

俵屋旅館: 1704年創業の京都の老舗旅館。有形文化財にも登録されている。トミー様は1997年の来日時、京都を訪問しこの旅館に宿泊した。その際、ボヤ騒ぎがあり避難。京都のでの休日を一日延長した。

テキサス州(Texas): 別名Lone Star State。州都はオースティン。広さと人口は全米第2位。TLJはこの州のサン・サバ出身であり、現在もサン・アントニオにランチを所有している

ドーン(Dawn Maria Jones): TLJの現在の妻。写真家。TLJ初監督作品である「Good Old Boys」の撮影中に出会い、2001年3月19日結婚

トム・リー・ジョーンズ: TLJのデビュー時の名前。「Eliza's Horoscope」までこの名で出演している

 

【な行】

苦虫をかみつぶしたよう: 「非常に不愉快・不機嫌で苦りきった顔つき(引用‐広辞苑)」。TLJが一番良く例えられる形容詞

 

【は行】

ハーバード大学(Harverd University): ボストンの学園都市ケンブリッジにあるアメリカ屈指の名門大学。1636年創立。TLJは1969年の卒業生。

禿げ: 『逃亡者』の最優秀助演男優賞アカデミー賞受賞式という晴れ舞台に、トミー様は禿げ頭で現れた。「本当はハゲてはいない」とスピーチで弁明。しかし実はこっちが本当の姿なのではというウワサもチラホラ…(実際は『タイ・カップ』撮影中で、カツラのための措置でした)。

ハンマープライス: フジテレビ系列で放送されていたバラエティー番組。有名人にちなんだ品物が登場し、オークションにかけられる。TLJは1997年12月13日放送回に登場。オークション品はTLJが声を入れたインベーダーゲーム。4万円で落札された

ビクトリア(Victoria Kafka):  TLJと2番目の妻キンバレラの長女。1991年生まれ。”MIB2”に顔をだしている

フラナリー・オコーナー(Flannery O'Connor): アメリカの女性作家。1925年生、1964年没。著書は「賢い血」「烈しく攻むる者はこれを奪う 」「善人はなかなかいない」など。TLJの卒業論文のテーマ

プリクラ: 「プリント倶楽部」の略称。気軽に写真シールが作れる装置。95年の来日時、TLJはTV番組スタッフが用意したプリクラでドーンさん(現夫人)と楽しげに撮影。ちょっと目をはなしたすきにチューまでした。なんてヤツだ

BOSS: サントリーが出しているコーヒー飲料。2006年春に始まったCM『宇宙人ジョーンズ・シリーズ』は、TLJの日本での知名度を一気にあげた

ホリケン・サイズ: フジテレビ系のバラエティー番組「笑う犬の冒険」の人気コーナー。銀のジャンプスーツ姿で”おにいやん”がエクササイズを指導してくれる。「MIBU」の来日記者会見に飛び入りしたおにいやんを、ウィル・スミスの肩越しに恐る恐る覗くTLJのかわいらしい姿が印象的

ポロ(Polo): 馬を操りながら行うホッケーのようなゲーム。マレットと呼ばれるスティックで直径9cmほどのボールを奪いながらゴールを目指す。グランドは約1万坪もある。TLJが現在、一番の趣味としているスポーツ

 

【ま行】

名セリフ: 役柄にあわせて徹底的にセリフを直すことも珍しくないTLJだが、中でも「逃亡者」の”I don't care”は珠玉の名セリフといわれている

 

【や行】

養育費: キンバレラとの離婚で「家と財産の半分を妻に分与し、月々の養育費として10,000ドル支払うことになった」との噂

 

【ら行】

落馬: 1998年10月30日、ポロの試合中に落馬、ヘリコプターでヒューストンの病院に運ばれた。当初重症との報道がされたが、実際は1週間ほどの入院で無事退院した。TLJは「ポロプレーヤーには良くある事故だ」とコメントした

ランチ(Ranch): 動物を育てる飼育場、大牧場。TLJは1996年にテキサス州サンアントニオに54,284エーカーの土地を購入し、ポロポニーを育てている

ルシール(Lucille Marie): TLJの母。旧姓はScott。婦人警官、美容院経営等、様々なジャンルの職を経験した。TLJの父と2度の結婚と離婚を繰り返した。現在は再婚しテキサス州に住んでいる

 

【わ行】

ワイルドメン(The Good Old Boys): TLJが自ら監督、脚本、主演した作品。アメリカでの評判は悪くなかったにもかかわらず、日本では公開されずビデオのみの発売